カブドットコム証券の一般信用で儲かる

クロス取引で一般信用をそのままにしておく方法

株主優待を取得するには制度信用と一般信用がある事がお分かり頂けたと思います。

 

しかし慣れてくると、1回目の優待は取れたけど2回目の優待が取れない時も出てきます。証券会社次第なのですが、銘柄別に一般信用の枠があります。
銘柄についてはあまり書けませんが、例えばPGMホールディングス(2466)などは代表的な銘柄でしょう。
6月と12月の年2回の優待です。

 

 

松井証券,カブドットコム証券タイアップ

 

 

例えばPGMだと800株のクロスで3500円割引が8枚貰えます。
株価が1000円だと800,000円必要になります(現物)
その80万円をまた信用取引で使えるので少し余裕を持たせて一般信用で
同数をクロスさせます。

 

 

問題なのは800,000円の貸株料ですが、松井証券を例に出すと2%です。
よって16,000円のコストがかかります。
しかし優待を算出してみると年間56,000円も貰えるので年間40,000円の
得となります。 これをどう使うかはあなた次第です。
(手数料は考慮していません)

 

 

お宝銘柄もあるために探してみてください ^^
カブドットコム証券でたまに出ている銘柄とか見つけたらラッキーですからね。
10万円程度の銘柄でもあるんですよね〜
私生活に使える優待はかなりお得度が増します♪

ANAホールディングス (9202)クロス取引漬け置き

ANAホールディングス(9202)の株を1年間クロスしっぱなしの方も多いですね。私は以前漬け置きしておきましたが、株価も高くなりましたし必要がなくなったのでクロスを外しました。自分で飛行機に乗るならいいですよね。

 

 

松井証券,カブドットコム証券タイアップ

 

 

権利月は3月と9月の2回です。
国内営業全路線の片道1区間が株主優待割引運賃(片道普通運賃50%割引)で利用できます。さらにANAグループ各社の提携ホテル優待もありますので有効に使えば得ですね。

 

 

ゴールデンウィークや夏休み、年末年始など空席があればいつでも利用できるので凄いです。また不要であれば優待買取サイトやヤフオクで売却も出来ます。
最高で254枚も割引券が頂けますが、1,000,000株以上からなので全然関係ないです(笑)

端株を利用して株主番号を存続させ株主優待を貰う方法

端株をご存知の方は少ないかもしれません。
端株は単元未満株式やプチ株とかミニ株など証券会社により言い方が違います。

 

この端株だけでも株主優待をくれる企業もありますが、端株を利用して長期優待を得る方法をご紹介します。

 

 

クロス取引を1年間そのままにしておく

 

 

画像のように1株だけ保有していれば株主番号が変わりません。
企業側には株主番号を整理するタイミングがあるため一度売却をしてしまうとその殆どで株主番号が変わります。
まれに変更されない企業もありますが、システムや管理の問題でしょう。

 

 

企業側は株主番号で管理しているため、番号が変わるとせっかくの長期優待が貰えなくなる可能性が高いです。
だから端株を利用します。

 

 

時間をかけても良いならば、端株を買って長期優待が貰えるタイミングでクロス取引をする事も有効だと思います。
長期優待も企業のさじ加減ですが、成功している人は多いです。
私は現物保有で長期優待を貰っていたので、一旦売却をしてもよいように端株を準備しています。

inserted by FC2 system