松井証券の一般信用で儲かる

株主優待をただ取りする基本

株主優待を取得するには、現物株式を取得してしまえば貰えます。
しかし、現物を保有するにはリスクがあまりにも大きいです。
このリスクを無くしてしまう方法を公開します!

 

 

手法的には簡単で、「現物+信用売建」をするだけです。
ここでこのサイトの内容がポイントになるのでしっかりと文章を読んで
ご自分の手法として使って貰えればと思います。

 

 

現物取引と信用売建と書きましたが、信用取引には2種類あり
@制度信用とA一般信用(無期限信用)の2種類があります。

 

 

制度信用とは、銘柄が東証ならば日証金で借ります。
2013年1月より東証と大証は経営統合され日本取引所グループとなり益々売買
が盛んに行われ、一般信用取り扱い銘柄も増えています。
これにより株主優待クロスでも逆日歩などでメリットが出てきました!

 

 

一般信用の場合は、証券会社から株を借りることになります。
信用取引の説明は割愛させて頂きますが、このサイトを発見した方へ
有益な情報を発信出来ればと思います。
株主優待ただ取りは、口座の数と資金があれば誰でも利益が出る仕組みなので
あまり深く考えなくて良い手法です。
リスクがあると思われる方は優待ただ取りをやめておきましょう!

 

 

資金が豊富にある方は面倒に感じると思いますが、1年間クロス取引を続けると
数十万円の利益が私の場合は出るので続けています。
多少の労力と努力が出来ない方には向いていない投資方法になります。

株主優待をただ取りする方法

松井証券では制度信用取引だけではなく一般信用取引が使えます。
一般信用は無期限信用とも言われています。
これが最大のポイントとなりますので、しっかりと勉強しましょう!
信用取引で一番ネックになるのは逆日歩です。
この逆日歩が一般信用ではつきません!

 

 

松井証券,優待ただ取り,一般信用,無期限信用,カブドットコム証券
※カブドットコム証券

 

 

例えば、株主優待を取得したいと思って「現物株+制度信用売建」を
した場合に、株主優待は3,000円なのに逆日歩が10,000円も付いたりします。
これは賢く取引をしていないだけではなく、損失を出しています。
私の中ではこんな取引は1度もしたことがありません。

 

 

だって投資をする際に負けるのは嫌だからです。
どうせなら勝ち組にいつもいたいじゃないですか!
今はインターネットというツールをうまく活用出来た方に利益が転んでくる時代です。
たかが株主優待と思う方もいますが、私を含め年間に数十万〜数百万円の利益を
得る方も中にはいます。

 

 

金券などは即現金化できますが、オークションで売る事も一つの選択肢です。
5000円の割引を4500円で売れたらいいですよね?手数料は500円だとしても4000円の利益です。これを複数名義取れば数万など軽いものです(名義人が取引してください)
知っている人と知らない人の差は大きいです。

株式優待の魅力

私は、株主優待を年間に数十万円程度取得しています。
しかも頭を少し使って取引をしているので、他の方よりも
儲かっているかもしれません(趣味の範囲で)
しかしながら、限度があるので魅力だけでもお伝えできればと思います。

 

 

松井証券,優待ただ取り,一般信用,無期限信用,カブドットコム証券

 

 

株主優待の本を買ったりすると欲しい銘柄がたくさんあります。
でも証券会社に口座を持つと自動的に権利月の優待案内が届くのでいらない気も
します。そこそこネットが使えれば情報は溢れているので簡単です。
どうしても欲しいと思う方は期間限定ですが、岡三オンライン証券に口座開設をすると貰えたりします(違う内容へ変更あり)

 

 

優待タダ貰いをするならば信用取引をしなければいけませんが、
始めは怖いと思うんですよね。
しかし、やる事は非常に簡単で一般信用を使えばあらかじめ費用の
算出も簡単にできます。

 

 

制度信用になると高額逆日歩が出て損失を食らう事もありますが、
出来高などをリサーチできるようになれば楽しくなります。
リサーチしたい場合は過去のデータを見ないといけないので私は楽天証券などで過去データを見ています。時系列で過去データが見れる証券会社って殆どありませんので個人的に重宝します。
簡単だけど手広くやるには少しづつ知識が必要ですが気楽に頑張りましょう。
また証券会社により使い勝手や取扱い銘柄に差があるので勝ちたい方は複数の
口座が必要になってきます。

一般信用を使って優待クロスをすればリスクはない

一般信用売建と現物を組み合わせると優待の費用は計算できます。

 

 

一般信用は制度信用と違って逆日歩が無いから手数料と金利を計算
すれば費用がでます。1か月以上のクロス取引では管理費がかかりますが
これも計算できます。

 

1株あたり10.5銭(売買単位1株単位の銘柄については1株あたり105円)

 

約定日ベースなので殆どの方は関係がないでしょう。
それに金利もすぐに計算できますよね〜
要は、初めからいくら費用が発生するのか解るし優待の内容も解ります。
取得した優待がオークションなどでどの位で売買されているのかも解りますね♪

 

 

【一般信用優待で使っている口座】
カブドットコム証券
松井証券

SBI証券     ←取扱い銘柄増えてます

 

 

上記が基本口座ですが慣れると制度信用も併用してGMOクリック証券でも優待を取得できます。
また複数の証券口座を持つメリットもありますね(夜間取引や家族名義など)
株主優待は資金がある程度あれば知恵を絞るだけでローリスクに投資が可能なので知らないままではなく取り組んだ方が良いです。

 

※GMOクリック証券の口座で取引すると株主優待を使って最大5000円の現金キャッシュバックがあるので助かります。夜間取引は取引量が多いSBI証券がよいです。
⇒ GMOクリック証券で優待と取引手数料を無料化にする方法

inserted by FC2 system